自由の反意語って何か知っていますか?

 

 

タイトルで書いてしまっているので不自由では無いって
のっけから伝えてしまっているので
少々面白みに欠けますが。。。

 

 

 

自由の反意語は『責任』と言われています。
不自由の反意語は『無責任』です。

 

 

 

 

『責任』があるから、『責任』を背負っているから『自由』でいられるんです。
『無責任』な言動しか行なっていなければ、その結果は『不自由』にしかなりません。

 

 

もちろん、何が自由で、何が不自由なのか。そんなものは人それぞれ尺度があるので
これ!と決めつけるものはありませんが、、

 

 

 

私の周囲には責任を背負って『自由にしているように見える人たち』が沢山います。

 

 

そして決まって彼、彼女らはみんな『楽しく生きてます』

 

 

 

 

なんで楽しいのかって、ここでも『責任』があるからなんです。
無責任な人生の何が楽しいの?って私は思ってしまいます。
責任を背負うことを恐れないで欲しいです。
苦労して、悩んで、憂鬱になってでも自由を求めて欲しかったりします。

 

 

 

 

なんでかって。。。

 

 

 

 

 

苦労して、悩んで、憂鬱になって、必死に生きた先にしか『自由』を感じることはできないと思うから。

 

 

 

 

責任を負っていないと、苦労も悩みも憂鬱も感じることがないからです。

 

 

だから、私は人生において『責任』は必要なことだって信じています。
大きな責任を背負うところから始める必要はありません。
日々の小さな言動から己をあえて縛る『責任』の持ち方を実践してみてください。

 

 

 

 

今日はこれをやるんだ!っていう決意にも『責任』は宿ります。
やりきれなかった今日、やりきった今日。
どちらの今日が、成長できる今日になったかは明確です。

 

 

お客様と相対した一言にも『責任』を宿らせることができます。
強いてはそれが説得力になります。
実際意識していなくても日々何がしかの『責任』はみんな背負っていると思います。

 

 

だからあえて、目を向けてみてください。

 

 

 

 

今何を背負っているか。

 

 

 

 

どんな『責任』があるのか、どんな『責任』を求めるのか。

 

 

 

 

もっと自由になるために、自由を感じるために。

 

 

 

 

その方が楽しいよ(^^)