最近「当たり前基準を上げよう」という言葉や「行動変容を起こそう」という言葉をよく使うようになりました。

このABC本当に大切なことでして。

 

A=当たり前のことを
B=馬鹿みたいに
C=しっかりやる

 

この略です。

 

いや、当たり前っしょ!!!ってなるのですが
当たり前のことほど、当たり前をやり続けることほど難しいことはない。と私は思います。

 

このBの「馬鹿みたいに」がなんかすごく好きで。

 

当たり前基準をあげよう!とメッセージしていた最中だったのですごくリンクしました。

 

当たり前のことをしっかりやる。めっちゃ大切です。
でもここに「馬鹿みたいに」が入るだけで意味合いがさらに強くなります。

 

ビジネスもスポーツも何にしたって基本は大切。
この基本としての当たり前のこと胸に手を当てて、
「私は絶対にできている!!!」と断言できる人が果たして世の中にどれくらいいるでしょうか。

 

そして「馬鹿みたいに!」を加えたときに「できてる!!」って答えられる人はどれほどいるでしょうか。

 

この言葉を教えてくれた方は「部活のコーチ」にこの言葉を教わったそうです。
その方はまだ26歳と若く、すごく素敵な方でして。頭も良い方なのですが
このABCをすごく大切に自分の中で消化していました。

 

ふと思ったのは
だからこそ、素敵な人になったんだろうな。と言うこと。

 

当たり前のことを馬鹿みたいにしっかりやれば

 

まず

 

信用されます。信頼されます。

 

当たり前のことを馬鹿みたいにしっかりやり続けられれば
自分が変わってきます。当たり前基準が上がります。
当たり前基準が上がれば、見える世界が変わってきます。
だからこそ、人として魅力的な方になれると思いました。

 

自分にとっての当たり前って何でしょう。是非考えて欲しいなぁと。

 

コロナが作った「ニューノーマル」な価値観。
beforeコロナの時代に戻ることはない。

 

新しい価値観と新しいビジネスがこれからも生まれ続け
変化を起こさない限りは時代の波にのまれて行ってしまう。

 

だから、私の当たり前は「市場を見て、社会の変化に敏感になって社員の雇用を守り続けていくこと」
馬鹿みたいに「これからは何がくるか!何が私にはできるか、何を世の中に伝えることができるか」
これをしっかりやり続ける。

 

この言葉を教えてもらって、改めて感じることでした。

 

さて、あなたは
どんな当たり前を馬鹿みたいにしっかりやりますか?