こんばんは、広報の小谷野です。

 

連日の蒸し暑さとは裏腹に今日は少し涼しいですね。
湿気も少なく私は過ごしやすいな~と感じています。
来週からは晴れるかもとのことなので、久々のお日様を楽しみにしています!

 

さて、月曜日、会長の川村がブログを更新しました。
社員も読んでいるのですが、自分なりに感じたことを書いてみようかなと思います。

 

正直、社内に対して、厳しいご意見でもあるのかなと思います。
私自身も「コロナだから」「コロナのせいで」と言い訳をしている部分がありました。
しかし、私たちは「今、何をすべきなのか」を積極的に考えなければいけません。

 

中でも、外的要因にて目標を下げてしまったら、当たり前基準が下がり、
低い目標が当たり前になる。というお言葉がありました。
よく取締役からもノミの話を聞くことがあります。
数メートルもジャンプできるノミを小さな段ボールに入れてしばらく放置すると、
段ボールから出た後も、その高さまでしかジャンプできなくなってしまうのです。

 

その人の能力に対し、80%しか与えていなれば、80%がその人の100%になってしまいます。
しかし、120%を目指す事で、いつかその人は120%が当たり前になります。

 

未来に目を向けたとき、私は120%が当たり前になっていて欲しいです。
そのために、「今、自分には何ができるのか」を日々考えていこうと思います。