こんばんは!広報の早川です♪

本日新規事業の退職代行サービス
「ネクステ」をローンチ致しました!
https://nxte.jp/

「ん?ちょっと待って??
求人広告代理店なのに退職代行って矛盾してない?」

 

と思われるでしょうが、
どのような業種・職種の人が、
どのような悩みを抱えて退職を考えるのか?
何か改善できることはあるのか?

 

当社では、さまざまな退職理由を個人情報保護法の範囲内で
データとして統計処理することで、今後の採用活動に生かしていく。
一見矛盾して見える事業の裏には人材定着のヒントがあります。

 

 

 

そもそも、まずは退職代行について
ぜひ皆様に知っていただきたい点があります。

 

一般的に、退職者が3~5万円程度支払うことにより、
退職代行業者が代わりに退職の意思を伝える、というのがこの事業です。

 

 

退職者の希望を伝えるまでは違法行為ではありませんが
「有給消化は」「いつ退職日にできるか」などによる【交渉】は
弁護士法72条における非弁行為となり、違法です。

※第72条
弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、
非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件
その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、
又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。
ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

https://ja.wikibooks.org/wiki/弁護士法第72条

弁護士資格がなく報酬を得る目的で法律事務を行う業者も多出しており、
その違法性が問題視されています。
しかしながら、退職代行を利用する人は絶えず、その数が増加していることも事実。

 

弊社では、法律に違反するような事業は行いません。
無償で退職代行を実施することにより、その違法性は払拭されます。

 

 

弊社が重きを置きたいのは、退職することで新しい企業と出会えること。
世間的にネガティブイメージが強い退職代行ですが
次のステージ(Next stage)で輝く為のきっかけと捉えれば
退職・転職はポジティブなものです。

 

 

退職代行のみをご利用いただくことも可能ですが、
退職⇒転職までもサポート!
エージェントが退職理由をお聞きして、あなたにあった企業をご提案します。
履歴書は決まった項目に入力するだけ!すべてがweb上で行えるので簡単に登録が可能♪

 

同じ退職代行使うなら、無料で次の会社も見つかる「ネクステ」!
ぜひご利用ください♪⇒https://nxte.jp/