こんばんは、UT・キャリアの渡邉です!

 

先週の4月10日に行われた❝チャーミングな社長❞を決める
Charming Chairman’s Club CHAMPIONSHIP 2019に弊社の川村社長が出場し、
5項目の評価基準のなかのリーダーシップ部門が評価され、
2019 Charming Chairman 100に選出されました!

 

時代をリードしていく社長は、自ら積極的に発信して、学生の心を捉え、
強いリーダーシップを発揮していく必要があります。
2019 Charming Chairman 100に選出された社長は、
審査員の学生さんの心を動かした社長ということです!

 

そんな輝かしい100名に私たちの社長が選出されたこと、とても嬉しく思うと同時に、
そんな社長のもとで働けていることを誇りに思います(*^-^*)

 

 

Instagramではご紹介できなかったのですが、
社長が選出されたリーダー部門のQ&Aをブログではご紹介させていただきます!

 

 

Q.困難を社長のリーダーシップで乗り越えたエピソードを教えてください。

 

私は、元々約100名近い組織の本部長でしたので、
一人ひとりの顔色を見て今のコンディションが良いか悪いかを判断できます。
そのために、業績が良くない状態のときは「サシのみ」を全社員と行い、本音を聞き出し、
これからの本人たちのビジョンを聞きました。
もちろんお酒を飲むことが目的ではなく飲めない子もいるために、
その子との時間を自ら創出する事が大切と考えておりました。
全員とやることで、代表に今の自分の思いを理解してもらって働くことは安心感につながります。
ですので、社員には積極的に声をかけて常に上を向いて仕事をできる環境を用意していることで、
業績低迷もすぐに乗り越えられました。
役員からは私は【人たらし】と呼ばれています(笑)

 

Q.社長として社員や仲間に接する際、心がけていることを教えてください。

 

顔色や声色は大変気にしています。
人間ですので、気持ちの浮き沈みがあることは理解しています。
大切なのは、その状況を理解してくれる理解者がいるかいないかで社員の心の余裕が変わります。
誰からも気にされていなと不安になりますし、孤立感が出ます。
弊社社員は良い意味でおせっかい集団のような社員たちです。
ですので、そんな孤立するような環境は一切ありません。
弊社は時代と逆行するかもしれませんが「終身雇用」の企業を目指しております。
もちろん自分で起業したい人は、グループの社長等にも抜擢しますし、
ポジションはどんどん用意します。
ですが、一番大切にしたいことは、長くみんなと同じ目標をもって、一緒に働けること。
これを大切にしているために、一人ひとりが生き生きできる環境を心がけています。

 

 

川村社長、おめでとうございます!