こんばんは♪広報の早川です!

本日はバレンタインでしたね♪
本命チョコ・義理チョコ・友チョコなど
さまざまな気持ちと一緒に送られた方、
それを受け取った方も
みんなが幸せな気持ちになりますよね!
今日ぐらいは太っても仕方ない!と言い聞かせてます(笑)

 

ちなみに私たち社員は、「社長夫人チョコ」をいただきました!
社長夫人より、ひとりずつにメッセージを添えていただいて、
女性社員の分までご用意してくださっていて
そんなお心遣いがとっても嬉しかったです(*^^*)
(お写真はいただいたチョコです*GODIVA…!)

そういえば営業時代、バレンタイン当日に訪問するお客様に
お菓子を渡していたのが懐かしいです。
「甘いもの苦手!」って聞いたからしょっぱいお菓子にしたのに
「二日酔いだから食べれない」ってフラれちゃったのもいい思い出です(笑)

 

思い出話ついでに。
入社した頃、社長に同行に付いていただいた際に
「自分のファンを増やしてきなさい」
「友達を沢山作ってきなさい」
と言われたのが今でも心に残っています。

人によって合う営業スタイルは違うけれど、
それが一番私に合っていると。
そして、
私と似ている境遇の、まったくの未経験の方が
数年でNo.1の営業になったことをお聞きしました。
(ちなみにその方が今京都支社で活躍されています!)

 

その方の営業スタイルはまさに
「お客様と仲良くなる」ことに重きを置いていたこと。
お客様のお誕生日をお聞きして、
当日には必ず手づくりのお菓子を渡していたそうです。

 

毎回お作りすることはできなかったものの、
その方を真似ようと、実践したのがそのバレンタインでした。
その担当者様にはフラれてしまいましたし、ご契約には繋がりませんでしたが(笑)

 

 

私がしていたのは
・初訪では必ず自己紹介をする(出身県の話や前職の話、なぜ転職したか、転職に使った媒体など)
・堅苦しい話よりも共通の話を中心に盛り上げる
⇒再訪なら前回話した内容のつづきをする
・お礼メールでは必ず盛り上がった話題に触れる
めちゃくちゃ売れている営業ではなかったかもしれませんが
お付き合いいただいていたお客様と
人対人の付き合いはできていたかなと思います。

 

 

営業会社だから、ご契約をいただくことは大切。
でも数字を追うことばかりでそれ以外を蔑ろにするのではなく
深く一歩踏み込んだ、人と人との繋がりを大切にすることを
理念に掲げている営業会社が世の中に1社くらいあってもいいじゃないかと。

 

誰かにチョコレートを渡すときみたいに、
ひとつひとつのご縁に気持ちを込める。
それもきっと徹底伴走の一つだと私は思います。