どこかの本で読んだ一文。(覚えていなくてすいません)
どんな人でも仕事に意味を見出せなかったら「やる気」は失われます。

 

ある仕事をしていた時、私はひたすらこの状況に陥り「やる気」を失っておりました。
もっと権限委譲してくれたらもっと「意味のある仕事」に着手したかったのですが
決して求められる事はなく、歯車の一つで終わってしまっていました。
もちろん私の実力不足もあるので、全てではないのは承知しておりますが。

 

 

組織の中での「立ち位置」
顧客との「信頼関係」
社内の仲間との「信頼関係」
社会の中での「介在価値」「存在意義」「社会貢献」etc…

 

おそらく人それぞれモチベートするところは異なります。

 

まずは「企業」として「意味のあるサービスの提供」
そして「組織人」として「意味のある仕事の提供」
さらに「社会人」として「意味のある価値の提供」
最後に「人」として「意味のある人生を過ごす」

中々できていない人が多いのでは?と思ってしまいます。

 

「意味があるか」「意味がないか」決めるのは心持ち次第。
こうやっていつも精神論になるのが私の悪癖かもしれませんが。。笑

 

 

とはいえ、組織を納める立場として「意味のある仕事」を提供し続けるのは必須です。
人材ビジネスを商っている弊社にとって、社員一人ひとりがご訪問させていただく企業
一社一社に意味のある仕事を提供していかなければなりません。

 

弊社が掲げている
月曜日会社に行くことにワクワクできる社会
実現のために、「意味のない」をどこまで無くしていけるか本気で勝負します!