お世話になります。株式会社UT・キャリアの川村です。
本日の内容は、弊社が参画しております
「新経済連盟」について少しお話をしたいと思います。

 

新経済連盟とは、
代表理事に楽天株式会社の代表取締役会長兼社長の三木谷浩史さんと
副代表理事に、株式会社サイバーエージェントの代表取締役社長の藤田晋さん
が中心となり運営している新たな経済連盟団体です。
▲新年会にて、三木谷浩史社長と

 

連盟の趣旨としては、
少子高齢化等の構造的問題を抱える日本が将来にわたり国際競争に勝ち抜き、
経済成長を続けていくためには、IT(情報通信技術)のさらなる戦略的な利活用を軸とした
新産業を推進、発展させていくことが不可欠です。
この発展を支える政策や諸制度の環境整備は、日本にとって喫緊の課題です。
新経済連盟は、この環境整備に貢献するために、民間の立場から政策提言を行い、
また会員への情報提供や会員相互の交流を推進するための経済団体です。

 

この目的を達成するにあたり、当団体は
・イノベーション(創造と革新)
・グローバリゼーション(国際的競争力の強化)
・アントレプレナーシップ(起業家精神)

の促進を中心的な旗印として掲げます。

 

また、未来の社会経済に対して責任のある団体として現在の改革の痛みにひるむことなく、
未来の技術やサービスを開拓する企業が構成する団体として、
現在の技術やサービスの限界に縛られず、来たるべき未来の社会経済の姿を構想し提示していきます。

上記の思想を持った企業が参画しております。

 

民間企業の立場から、「日本をよくしていくために」政府等への提言や、意見を打診して
政策提言を行い、国際的にも日本の競争優位性を高める事をテーマとしております。

 

 

弊社は、3期目に入ったばかりのベンチャー企業です。そのためにも
現在の政府での「働き方改革法案」や、「外国人雇用の問題」等にも積極的に自社に
踏襲していこうと考えていおります。

 

ある本でこんな文章を拝読したことがあります。
「日本の経済を動かしているのは何処なのか?」

「大企業?」

「中小企業?」

「いえ、これからを担うベンチャースピリットを持った企業なのである」と。

誤解の無いようにお伝えいたしますが、決して新経済連盟の考え方ではございませんし
もちろん大企業や多くの中小企業が世の中を支えていることは紛れもない事実です。
しかし、【新たな挑戦を行う事】【現状維持は衰退である】という考え方からすると
「イマ」に満足せずに、高い志を持った企業が成長曲線を変え、
世の中を変えていった事実もまた、現実にて目の当たりにしております。

 

 

弊社は、まだまだ吹けば飛ぶような若輩企業ではございますが
志と、信念はどこの企業にも負けないと自負しておりますし、
必ず「日本で一番世の中の雇用を創出する」というビジョンにブレは1mmもございません。

 

 

 

私は、日本一のメガエージェンシーとなり世の中にとって必要不可欠な会社になるべく
これからも日々、愚直に邁進して参りたいと考えております。

 

▲新年会にて、藤田晋社長と

 

 

 

写真は、新経済連盟の新年会時に三木谷さんと藤田さんと撮影したものです。
(本来は、著名な方との写真はきちんとした態勢で撮影するものでしょうが、
私はそういった建前が嫌いですし、そんな事で目くじらを立てる事は無いほど
日本を代表する方々ですのでグッドポーズで撮影しました(笑))

 

株式会社UT・キャリア
代表取締役
川村拓司