早いもので平成最後の年末となりました。
UT・キャリアとしては3回目の年末。

 

怒涛のような毎日。思い返せば「まだ3年」「もう3年」と両軸の思考が、、、

1月には京都オフィスを立ち上げ、8月には大阪オフィスを立ち上げました。
年初には20人にも至ってなかったメンバーの数は現在40名以上。
倍以上の仲間に恵まれる結果になりました。
10月には初めての社員旅行で沖縄に行くこともできました。
最後には「ベストベンチャー100」に選出いただくという素晴らしい結果にもつながり。

 

順風満帆!と言いたいところですが。笑
会社を動かしているとそう簡単でもありません。

 

 

様々な苦労もありました。

ただ、苦労している方が得た結果には大きな成果が待っていると信じています。

 

 

残念ながら「辛いから・・・」とか
「向いていないから・・・」と言った理由で退職希望を出してくる子がいます。
前向きな退職願いなら「頑張って!!」と送ることができます。

 

しかし、「逃げ」の気持ちで会社を去ってしまうことほど悲しいことはありません。
それは上司たち(私も含め)にも多大な責任があると思うのです。

「楽しさ」を味合わせてあげることができなかった。

「喜び」を与えることができなかった。

きっと様々な要因があると思うのです。

 

 

 

私は「頑張らない人」を評価するつもりは全くありません。
ただ、人生をどうにかしたいという強い思いがあって、
当社にジョインしてくれた人達をないがしろするつもりは全くありません。
それは代表川村の意志でもあり、当社がとても大切にしている事です。

 

有能な人材だけを雇用し、無能な人材を解雇するという形を否定するわけではありません。
ただ、無能と決めつけてしまうのは些か簡易すぎる結論ではないのかと自問自答しています。

 

有能な人が欲しいのは本音です。

ただ、会社としてどのようなアクションを行なったら、育成を行なったら
「有能な人材」に変わることができるのか、これこそが大切なことだと思います。
ものすごく難しいことであることも重々承知しています。

 

 

まだまだ、正解が見えているわけではありません。
まだまだ、道半ばです。というよりスタートしたばかり。

 

 

 

でも、途方のない夢や目標だとしてもそれを持つことができる自体が幸せなことだと思います。
まずは弊社が成功し、ステークホルダーの皆様に成功事例として多くの価値を創造できるようにしていきます。

 

 

来年は今年よりさらなる躍進の年にします。
もっと多くの雇用を生み出し、もっともっと社員の幸せを考えていくような企業になるために。
本年も本当にお世話になりました。
今後とも末長いご愛顧とお力添えのほどよろしくお願い申し上げます。